池江璃花子はリーダシップ抜群 離脱で五輪代表へ影響は?

公開日: 更新日:

 エースの抜けた穴は想像以上に深刻なものになりかねない。

 去る12日に白血病を患ったと告白した競泳女子日本代表の池江璃花子(18)。今後の回復次第では、東京五輪代表選考会を兼ねた来年4月の日本選手権に間に合わない可能性もある。

 2020年大会では複数種目でのメダル獲得を期待されていただけに、競泳界のみならずスポーツ界全体から、エースの離脱を惜しむ声は後を絶たない。

 池江は個人種目の他、リレー種目の主力メンバーでもあるため、日本代表の平井伯昌ヘッドコーチは「ナショナルチームにとって大打撃です」と、指揮官としてショックを隠さなかった。

 自国開催の五輪でのメダル量産を狙う競泳にとっては戦力低下は免れないが、それ以上に痛手なのは池江のリーダーシップだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る