池江璃花子はリーダシップ抜群 離脱で五輪代表へ影響は?

公開日: 更新日:

 エースの抜けた穴は想像以上に深刻なものになりかねない。

 去る12日に白血病を患ったと告白した競泳女子日本代表の池江璃花子(18)。今後の回復次第では、東京五輪代表選考会を兼ねた来年4月の日本選手権に間に合わない可能性もある。

 2020年大会では複数種目でのメダル獲得を期待されていただけに、競泳界のみならずスポーツ界全体から、エースの離脱を惜しむ声は後を絶たない。

 池江は個人種目の他、リレー種目の主力メンバーでもあるため、日本代表の平井伯昌ヘッドコーチは「ナショナルチームにとって大打撃です」と、指揮官としてショックを隠さなかった。

 自国開催の五輪でのメダル量産を狙う競泳にとっては戦力低下は免れないが、それ以上に痛手なのは池江のリーダーシップだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る