渋野日向子の“即断力”をプロ称賛 不振の松山英樹と対照的

公開日: 更新日:

 全英女子オープンを制し、日本人としては1977年の全米女子プロ選手権で勝った樋口久子以来となる42年ぶりのメジャー優勝を成し遂げた渋野日向子(20)。逆転Vを決めた最終18番のバーディーは劇的だった。

 昨年、プロテストに合格したばかりの渋野は今季が実質1年目。しかも、今大会が海外大会初参戦だった。一日中、笑顔を絶やさず、テレビカメラには駄菓子を口にするシーンを楽しげに撮らせていた。試合中にギャラリーとタッチ。手袋やボールにサインして気安くプレゼントするなど、これまでの日本選手にはいなかったタイプの選手だ。

■腹を括ったショットで迷いがない

 テレビ解説の樋口久子(73)や岡本綾子(68)は、「私にはできない」と口を揃えていたが、そんな底抜けの明るさと型破りの新人プロだからこそ、40年以上も手が届かなかったメジャータイトルをモノにしたともいえるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る