渋野日向子の“即断力”をプロ称賛 不振の松山英樹と対照的

公開日: 更新日:

 全英女子オープンを制し、日本人としては1977年の全米女子プロ選手権で勝った樋口久子以来となる42年ぶりのメジャー優勝を成し遂げた渋野日向子(20)。逆転Vを決めた最終18番のバーディーは劇的だった。

 昨年、プロテストに合格したばかりの渋野は今季が実質1年目。しかも、今大会が海外大会初参戦だった。一日中、笑顔を絶やさず、テレビカメラには駄菓子を口にするシーンを楽しげに撮らせていた。試合中にギャラリーとタッチ。手袋やボールにサインして気安くプレゼントするなど、これまでの日本選手にはいなかったタイプの選手だ。

■腹を括ったショットで迷いがない

 テレビ解説の樋口久子(73)や岡本綾子(68)は、「私にはできない」と口を揃えていたが、そんな底抜けの明るさと型破りの新人プロだからこそ、40年以上も手が届かなかったメジャータイトルをモノにしたともいえるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  8. 8

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る