若手の週替わりV喜べず 壁になる“ツアー女王”不在の深刻度

公開日: 更新日:

【センチュリー21レディス】最終日

 女子ツアーは毎週のように黄金世代(1998年4月~99年3月生まれ)が活躍して、今季21試合が終わって7勝(勝みなみ2勝、渋野日向子2勝、河本結原英莉花小祝さくら)と勢いがある。

 そして、先週は黄金世代の1つ年下、稲見萌寧が10代最後の日に初優勝を挙げた。昨年のプロテストに合格したルーキーであり、プロ転向後、ツアー14試合目での勝利だった。

 7アンダー単独首位発進の稲見は、前半にスコアを1つ落としてターン。11番バーディーでスタート時点に戻したが、1打差3位タイに後退。

 その後、15番バーディーで首位タイに並ぶと、最終18番パー4は残り130ヤードをピンそば2メートルにぴたり。そのバーディーパットを決めて混戦を制した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る