逆転で2勝目の成田美寿々「五輪を目指す」どこまで本気か

公開日: 更新日:

【大東建託・いい部屋ネットレディス】最終日

 2打差3位タイ発進の成田美寿々(26)が、5バーディー、3ボギーの70で回り、逆転で今季2勝目(ツアー通算13勝目)を挙げた。来年の東京五輪ゴルフ競技出場を目指し、「あと4~7勝すればおそらく(出られる)」と目標に掲げる。

 来年6月29日時点でのロレックスランキングで1カ国上位2選手が代表に選出される。ちなみに7月29日時点で1番手は米ツアーが主戦場の畑岡奈紗(9位)で、鈴木愛(26位)、比嘉真美子(43位)、渋野日向子(46位)と続き、成田は9番手の72位。ロレックスポイントへのポイント配分が少ない日本ツアーで成田が勝っても順位が大きくアップするのは期待薄だ。

「成田は上がりの17番、18番と短い絶好のバーディーチャンスを決められなかった。パットを外した時の怖さが先に立ち、打ちきれない。勝負がかかった時に強い気持ちが持てないようでは世界と戦うには物足りなさを感じる」と評論家・宮崎紘一氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る