逆転で2勝目の成田美寿々「五輪を目指す」どこまで本気か

公開日: 更新日:

【大東建託・いい部屋ネットレディス】最終日

 2打差3位タイ発進の成田美寿々(26)が、5バーディー、3ボギーの70で回り、逆転で今季2勝目(ツアー通算13勝目)を挙げた。来年の東京五輪ゴルフ競技出場を目指し、「あと4~7勝すればおそらく(出られる)」と目標に掲げる。

 来年6月29日時点でのロレックスランキングで1カ国上位2選手が代表に選出される。ちなみに7月29日時点で1番手は米ツアーが主戦場の畑岡奈紗(9位)で、鈴木愛(26位)、比嘉真美子(43位)、渋野日向子(46位)と続き、成田は9番手の72位。ロレックスポイントへのポイント配分が少ない日本ツアーで成田が勝っても順位が大きくアップするのは期待薄だ。

「成田は上がりの17番、18番と短い絶好のバーディーチャンスを決められなかった。パットを外した時の怖さが先に立ち、打ちきれない。勝負がかかった時に強い気持ちが持てないようでは世界と戦うには物足りなさを感じる」と評論家・宮崎紘一氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る