阪神異例“ストーブ取材禁止令”の笑止 元球団社長も首捻る

公開日: 更新日:

 今季のV逸が確定した阪神で、異例の出来事が起きていた。

 9月上旬のことだ。球団幹部が報道陣に対して、人事などのストーブリーグ取材に関し、取材自粛を要請したという。さる阪神OBが、「報道関係者から聞いた」と前置きした上で、こう言った。

「球団幹部は集まった報道各社に『公式戦、ポストシーズンの期間中は、来季に関わる人事に関する取材活動を慎んでほしい』と注文をつけたというのです。鳥谷が球団による引退勧告を拒否して退団を示唆したかと思えば、掛布オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザーも実は昨年の段階で今季限りでの退任が決まっていたことが判明。助っ人マルテに加え、ベテランの藤川、能見、福留が揃って残留する、と報じられたことで、球団が動いた。阪神はBクラスに低迷、優勝の望みが消えたことで、いよいよストーブ取材が過熱。球団関係者が酒の席でポロリと口にしたことを記事にすることも、良識に従って判断してほしいと告げたそうだ。事実上の締め付け行為ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  8. 8

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る