山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

浅薄報道ばかり…阪神は藤浪の再生に力を尽くしているのか

公開日: 更新日:

 阪神藤浪晋太郎は今何をしているのだろうか。阪神球団やコーチングスタッフは、藤浪にどんなプログラムを実行しているのだろうか。

 藤浪が極度の不振に陥ってはや数年。その間、不振の原因を巡る報道(イップスだの技術だの)は多岐にわたって再三なされ、何度も二軍調整やテスト登板を繰り返してきたものの、それでも一向に結果が伴わず、最近ではトレード説まで聞こえてくるようになった。もちろん、今も復活に向けて悪戦苦闘しているようだが、二軍戦で登板するたびにまた同じような制球難を露呈している。

 だから、藤浪がもがき苦しんでいることはよくわかる。そもそも、以前から藤浪自身は「(制球難は)技術の問題」と口にし、フォーム改造にも着手している様子がしばしば報じられてきた。

 では、その一方で阪神球団は何をしているのだろう。報道をチェックする限り、藤浪の事例に施される球団主導のプログラムのようなものは聞こえてこない。聞こえてくるのは、投手なら誰でもやっていそうな普通の調整のことだけだ。もちろん、報道されていないだけかもしれない。だから、簡単に球団やコーチを無策だの何だのと批判はできないし、現段階でするつもりもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る