山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

浅薄報道ばかり…阪神は藤浪の再生に力を尽くしているのか

公開日: 更新日:

 阪神・藤浪晋太郎は今何をしているのだろうか。阪神球団やコーチングスタッフは、藤浪にどんなプログラムを実行しているのだろうか。

 藤浪が極度の不振に陥ってはや数年。その間、不振の原因を巡る報道(イップスだの技術だの)は多岐にわたって再三なされ、何度も二軍調整やテスト登板を繰り返してきたものの、それでも一向に結果が伴わず、最近ではトレード説まで聞こえてくるようになった。もちろん、今も復活に向けて悪戦苦闘しているようだが、二軍戦で登板するたびにまた同じような制球難を露呈している。

 だから、藤浪がもがき苦しんでいることはよくわかる。そもそも、以前から藤浪自身は「(制球難は)技術の問題」と口にし、フォーム改造にも着手している様子がしばしば報じられてきた。

 では、その一方で阪神球団は何をしているのだろう。報道をチェックする限り、藤浪の事例に施される球団主導のプログラムのようなものは聞こえてこない。聞こえてくるのは、投手なら誰でもやっていそうな普通の調整のことだけだ。もちろん、報道されていないだけかもしれない。だから、簡単に球団やコーチを無策だの何だのと批判はできないし、現段階でするつもりもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る