鳥谷の去就めぐり大騒ぎ…阪神とマスコミの危うい関係

公開日: 更新日:

 秋風が吹く前にAクラスも厳しくなってきた阪神のベテランが、ここにきてクローズアップされている。

 鳥谷敬(38)は神宮での今季最終戦となった25日のヤクルト戦後、「これが最後(の打席)になるかもしれない」と語り、在阪マスコミがその去就について過剰に反応。球団は近日中にも話し合いを行うそうだ。

 鳥谷はプロ11年目を終えた2014年オフ、メジャー移籍を求めて剛腕代理人のS・ボラス氏と契約したが、夢はかなわず、阪神と5年20億円の破格条件で残留した。その大型契約が今年で終わる。引退か残留か、それとも他球団へ移籍かと、スポーツマスコミは連日かまびすしい。

 ある球界関係者は、「鳥谷の今後についてはともかく、メジャーに行かず大正解でした」といってこう続ける。

「14年オフといえば、韓国の強打の遊撃手・姜正浩(当時27)が入札制度でパイレーツと4年総額1100万ドル(当時レートで約13億2000万円)で契約。鳥谷よりはるかに高い評価を受けていた姜でも、年俸3億3000万円程度だった。この時鳥谷は33歳。メジャーではホームランは期待できないし、肩の強さや脚力も並。プロ11年で3割クリアはたった3度の野手でしたから、『阪神から高い条件を引き出すためにメジャー移籍をダシに使った』という声もあった。鳥谷からすればピークを過ぎた年齢で5年20億円とか、それ以上とも言われている条件で阪神と再契約できたのは大きかった。逆に言えば、阪神にとってこの契約は失敗でしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  6. 6

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る