鳥谷の去就めぐり大騒ぎ…阪神とマスコミの危うい関係

公開日: 更新日:

 秋風が吹く前にAクラスも厳しくなってきた阪神のベテランが、ここにきてクローズアップされている。

 鳥谷敬(38)は神宮での今季最終戦となった25日のヤクルト戦後、「これが最後(の打席)になるかもしれない」と語り、在阪マスコミがその去就について過剰に反応。球団は近日中にも話し合いを行うそうだ。

 鳥谷はプロ11年目を終えた2014年オフ、メジャー移籍を求めて剛腕代理人のS・ボラス氏と契約したが、夢はかなわず、阪神と5年20億円の破格条件で残留した。その大型契約が今年で終わる。引退か残留か、それとも他球団へ移籍かと、スポーツマスコミは連日かまびすしい。

 ある球界関係者は、「鳥谷の今後についてはともかく、メジャーに行かず大正解でした」といってこう続ける。

「14年オフといえば、韓国の強打の遊撃手・姜正浩(当時27)が入札制度でパイレーツと4年総額1100万ドル(当時レートで約13億2000万円)で契約。鳥谷よりはるかに高い評価を受けていた姜でも、年俸3億3000万円程度だった。この時鳥谷は33歳。メジャーではホームランは期待できないし、肩の強さや脚力も並。プロ11年で3割クリアはたった3度の野手でしたから、『阪神から高い条件を引き出すためにメジャー移籍をダシに使った』という声もあった。鳥谷からすればピークを過ぎた年齢で5年20億円とか、それ以上とも言われている条件で阪神と再契約できたのは大きかった。逆に言えば、阪神にとってこの契約は失敗でしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る