阪神は連続Bクラス濃厚 福留・糸井・球児をクビにできるか

公開日: 更新日:

 ヤクルトは10日、小川監督と宮本ヘッドの今季限りでの退任を発表。阪神はそのヤクルトに延長十回に勝ち越され痛い黒星。史上3球団目の通算5000敗を記録し、自力CS進出の可能性も消滅。残り試合は14。2年連続Bクラスが濃厚になってきた。

 ファンにとって不幸なのは、来年のチームもおそらく代わり映えしないことだ。42歳の福留と38歳の糸井が打線の主軸になるのは間違いない。27歳の山田哲や19歳の村上がタイトル争いしているヤクルトとはえらい違いだ。阪神は投手陣も、先発は38歳のメッセンジャー、救援は39歳の藤川が中心になるだろう。

 40歳前後のベテランがチームの柱になっているのは、彼ら以上に結果を出す若手がいないからにほかならない。しかし、それは現時点での話。若手はエネルギッシュだし、可能性がある。ヤクルト村上のように、三振の山を築こうが、守りが下手だろうが、若い選手はゲームに使って、泣いたり、悔やんだり、喜んだりしなければ成長しない。先のないベテランにいつまでも頼っていてはチームは変わらないし、ファンは夢も希望も持てない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る