DeNAと阪神が潰し合い…セCS・1stステージに原巨人高笑い

公開日: 更新日:

 4―3の八回から登板した抑えの山崎も、九回2死までこぎつけたものの、福留に同点弾を浴びた。今季1度しかなかった2イニング登板の影響はゼロではないはずだ。

 公式戦から7連勝中と勢いのあった阪神にとっては、痛い一敗といえる。九回に同点に追いつきながら、岩崎をイニングまたぎで続投。乙坂に一発を浴びるなど裏目に出た。こちらも1戦目に8投手を起用。この日は藤川、能見を温存する形になったが、2戦先勝の超短期決戦では目の前の試合を勝ちに行くことが鉄則。3戦目の先発はDeNA・平良(5勝6敗、防御率4・11)、阪神・高橋遥(3勝9敗、防御率3・78)。3戦連続の総力戦は不可避だろう。

 この潰し合いにニンマリしているのがファイナルSで待ち構える巨人だ。巨人OBが言う。

「巨人は今季10勝14敗と苦手にしていた広島が4位に終わった。それだけでも追い風。14年のCSファイナルSでは、1勝1分けで勝ち上がってきた阪神に4連敗を喫して敗退。勢いを保ったまま東京ドームに乗り込まれるのが一番イヤだったが、阪神の連勝も止まった。巨人は東京ドームでDeNAに7勝5敗、阪神には8勝5敗と勝ち越しており、苦手意識はない。その上、お互い潰し合いをしてくれるのですから俄然、有利ですよ」

 CSファイナルSは、戦う前から決着がついたか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

もっと見る