DeNA1位・森敬斗 田舎町から現れたジャニーズ級スター候補

公開日: 更新日:

森敬斗(DeNA・1位)

 その名を、一気に全国区に押し上げた、インパクト抜群の一打がある。

 昨秋の関東大会。初戦の茨城・常総学院戦だった。2点ビハインドで迎えた九回の2死満塁。ここで打席に入ったのが、主将で3番の森だった。

 そこまで無安打だったが、スタンドで試合を観戦していた父・彰憲さん(51)は、「打つんだろうな、と思って見てました」と当時を振り返る。

「子どもの頃からそうでした。ここぞの場面で不思議と敬斗に打席が回ってきて、結果を出す。本人も『チャンスは好き』と言っているくらいで、集中力が増すんですかね。なので、あの試合のあの場面も、親の私も手に汗握るようなドキドキ感はなくて。打つんだろうな、と。結果はちょっと、できすぎでしたけど」

 1ストライクからの2球目。真ん中高めの直球を捉えた打球はあっという間に右翼フェンスの向こうに消えた。起死回生の逆転サヨナラ満塁本塁打。興奮したナインが両手を突き上げ、跳びはねながらホーム付近に集まる中、森はガッツポーズひとつせず、当然といった顔でダイヤモンドを一周した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る