DeNA1位・森敬斗 田舎町から現れたジャニーズ級スター候補

公開日: 更新日:

森敬斗(DeNA・1位)

 その名を、一気に全国区に押し上げた、インパクト抜群の一打がある。

 昨秋の関東大会。初戦の茨城・常総学院戦だった。2点ビハインドで迎えた九回の2死満塁。ここで打席に入ったのが、主将で3番の森だった。

 そこまで無安打だったが、スタンドで試合を観戦していた父・彰憲さん(51)は、「打つんだろうな、と思って見てました」と当時を振り返る。

「子どもの頃からそうでした。ここぞの場面で不思議と敬斗に打席が回ってきて、結果を出す。本人も『チャンスは好き』と言っているくらいで、集中力が増すんですかね。なので、あの試合のあの場面も、親の私も手に汗握るようなドキドキ感はなくて。打つんだろうな、と。結果はちょっと、できすぎでしたけど」

 1ストライクからの2球目。真ん中高めの直球を捉えた打球はあっという間に右翼フェンスの向こうに消えた。起死回生の逆転サヨナラ満塁本塁打。興奮したナインが両手を突き上げ、跳びはねながらホーム付近に集まる中、森はガッツポーズひとつせず、当然といった顔でダイヤモンドを一周した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  10. 10

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る