ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

公開日: 更新日:

佐藤直樹(ソフトバンク1位)

 ドラフトが行われた10月17日、神戸市にあるスナック「Nao」は、まだ夕方だというのに30人近くの客で賑わっていた。4人掛けのテーブルが4つ、カウンターに8人が座れる店はすし詰めだった。

 佐藤の父・義八さん(69)が言う。

「私の嫁の店でしてね。店名は直樹の名前が由来です(笑い)。ドラフトで指名されるだろうということで、中学時代の監督や私と親交のある父兄の方々で、ドラフト中継を見ていたんです。『佐藤という名字は多いから、それだけで反応するなよ』なんてみんなにクギを刺したり……。でも、1位指名なんて誰も思っていない。良くて3位か(指名漏れで)残念会か、なんて話していました」

 当日は両親を含め、誰もが「まさか」と思っていた1位指名。義八さんが興奮した口調でこう続ける。

「どうせ1位指名なんてないと思っていたので、テレビそっちのけで、どんちゃん騒ぎですよ(笑い)。でも、誰かひとりだけドラフト中継を注意して見ていて、ウチの直樹が指名されるや、『出たあー!』と大声を上げた。みんな悲鳴ですよ。そこからは近所の人も集まって、最終的には50~60人くらいになりましたね。私? もう頭の中が真っ白でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  5. 5

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  6. 6

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る