楽天2位・黒川史陽 センバツ制覇の父から受けた英才教育

公開日: 更新日:

内野手・18歳・智弁和歌山

 まさに野球一家だ。

 父・洋行さん(44)、母・枝里子さん(50)との間に、次男・史陽のほか、長男・大雅さん(20)、末っ子・怜遠さん(16)の3兄弟をもうけた。3人の息子は、いずれも高校野球の強豪高校でプレー。主砲として智弁和歌山を牽引した史陽はもちろん、現在、九州共立大学に通う大雅さんは日南学園(宮崎)で春夏連続出場。末っ子の怜遠さんは今春、星稜(石川)に入学した。

「息子たちには『甲子園は出場して当たり前』と言い続け、決して高い目標、憧れの場所とは位置付けなかった」と話す洋行さんの経歴も華やかだ。上宮(大阪)では主将(1番・二塁)を務め、93年のセンバツ制覇。同志社大からミキハウスに進み、都市対抗にも出場した。8年間、コーチを務めたセガサミーではDeNA・宮崎敏郎(12年ドラフト6位)ら、3人の野手をプロに輩出している。今オフ就任した楽天の三木肇監督は上宮高の2年後輩だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る