日ハム清宮いまだ“未完の大器” 元凶は指揮官の手綱さばき

公開日: 更新日:

 “3年目の正直”となるのか。日本ハム清宮幸太郎(20)のことだ。この日(24日)は、「ファンフェスティバル2019」に参加した。

 1年目は故障に泣き、飛躍が期待された今季は、3月のオープン戦で右手有鉤骨を骨折。3カ月弱のリハビリを経て一軍に昇格したが、81試合出場で打率・204、7本塁打、33打点にとどまった。シーズン中に痛めたとみられる右肘痛の影響で、フェニックスリーグには参加せず、10月17日には右肘関節形成術の手術を受け、このオフはほぼ、リハビリに費やすことになる。ケガに苦しむ清宮に関して、日ハムOBがこんな指摘をする。

「清宮の打撃、守備はお世辞にも一軍レベルとはいえなかったが、栗山監督は最後まで一軍に帯同させた。清宮ほどの選手ですから、ある程度の優遇はあってしかるべきですが、さすがにチーム内では、打てない上に守れないのに、何で一軍で起用し続けるのかと、疑問の声が上がったほどです。今年の一軍経験が来季の可能性を感じさせるならまだしも、入団時からの課題であるスローイングは改善されないばかりか、爆弾を抱えていた右肘がパンクした。栗山監督のハンドリングミスだと言われても仕方がありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る