日ハム清宮いまだ“未完の大器” 元凶は指揮官の手綱さばき

公開日: 更新日:

 “3年目の正直”となるのか。日本ハム清宮幸太郎(20)のことだ。この日(24日)は、「ファンフェスティバル2019」に参加した。

 1年目は故障に泣き、飛躍が期待された今季は、3月のオープン戦で右手有鉤骨を骨折。3カ月弱のリハビリを経て一軍に昇格したが、81試合出場で打率・204、7本塁打、33打点にとどまった。シーズン中に痛めたとみられる右肘痛の影響で、フェニックスリーグには参加せず、10月17日には右肘関節形成術の手術を受け、このオフはほぼ、リハビリに費やすことになる。ケガに苦しむ清宮に関して、日ハムOBがこんな指摘をする。

「清宮の打撃、守備はお世辞にも一軍レベルとはいえなかったが、栗山監督は最後まで一軍に帯同させた。清宮ほどの選手ですから、ある程度の優遇はあってしかるべきですが、さすがにチーム内では、打てない上に守れないのに、何で一軍で起用し続けるのかと、疑問の声が上がったほどです。今年の一軍経験が来季の可能性を感じさせるならまだしも、入団時からの課題であるスローイングは改善されないばかりか、爆弾を抱えていた右肘がパンクした。栗山監督のハンドリングミスだと言われても仕方がありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る