日ハム清宮にも聞かせたい 西武・山川「4番復帰」への決意

公開日: 更新日:

 待望の一本が出た。

 21日、日本ハムの清宮幸太郎(20)が4番として初の本塁打をかっ飛ばした。1点ビハインドの二回、右翼スタンド中段に飛び込む特大の同点ソロだった。

 欣喜雀躍(きんきじゃくやく)なのが栗山監督だろう。試合前、20日にチャンスで凡打した清宮について、こう話していた。

「何を考えて打席に入っているのか。なぜ、ああいう結果になったのか分析してほしい。入団したときから当然、球界の宝だと思っている。もちろん、彼が力を出せる状況を(我々が)つくらなくてはいけない。その中で、彼が何を考えて、どう結果を残すのか」

 もっとも、一発打ったからといって、打率はまだ1割台(.181)だ。確かに清宮は当たれば軽々スタンドへ運べるだけのパワーはある。だが、現状ではバットの芯に当たるのはまれ。実力が伴わない「4番」では、自分の打撃を分析する能力があるかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  5. 5

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  6. 6

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  7. 7

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  8. 8

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  9. 9

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  10. 10

    原監督「セ軍もDH制」提言のお笑い OBは「短絡的」と指摘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る