中日1位・石川昂弥 元球児の父が明かすビッグマウスの原点

公開日: 更新日:

「3歳からバットを持たせました」

 そう話すのは、父の尋貴さん(48)だ。現在はトヨタ自動車で労働組合に関する仕事に従事する。昂弥と同じ、東邦高野球部出身。身長181センチと体格に恵まれ、捕手を務めていた。1989年にはセンバツで優勝。しかし、ベンチには入れず、夢を息子に託した。すると、今春のセンバツで30年ぶりの優勝。エースとしてチームを牽引した。

「僕は控えの選手でしたが、息子にもやっぱり野球をやってほしくて。昂弥が3歳の頃には投げたり打ったりしていました。部屋の中や自宅の庭、家の前の道路でやることもありましたね。通っていた小学校がすぐ近くだったので、そこのグラウンドでやったり、練習には困りませんでした」

■スポーツ紙に「スーパー4年生」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  5. 5

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  6. 6

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  9. 9

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  10. 10

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

もっと見る