生き残りのカギは「ワンチーム」 サンウルブズ新体制発表

公開日: 更新日:

 南半球最高峰リーグであるスーパーラグビー(SR)に日本から参戦しているサンウルブズが26日、20年シーズンの体制を発表。現時点で契約が済んでいるのは、ジョージア代表フッカーのジャバ・ブレグバゼ(32)ら15人。日本人選手では、早大のスクラムハーフ・斎藤直人(22)が唯一、メンバーに名を連ねた。

 会見した大久保直弥ヘッドコーチ(44)は「プレーオフに出たい。そのためにはホーム(8試合)で勝つこと。一戦必勝でいく」と、高い目標を掲げた。

 サンウルブズは、SRの統括組織であるサンザーから、日本での売り上げの少なさを理由に来季を最後に除外されることが決まっている。存続の条件として10億円の負担を要求されているが、SR生き残りは「ワンチーム」の人気がカギになりそうだ。

 日本代表の強化を目的に参戦しながら、過去4年間で、わずか8勝。SRのレベル向上を図りたいサンザーから「日本代表の強化は二の次。外国人選手でチームを編成してサンウルブズを強化しろ」と、再三にわたって要求されてきた。しかし、先のW杯で日本は初の8強入り。注目度の高さを目の当たりにしたサンザーは「来季は日本代表中心のメンバーを組め」と手のひらを返してきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る