生き残りのカギは「ワンチーム」 サンウルブズ新体制発表

公開日: 更新日:

 南半球最高峰リーグであるスーパーラグビー(SR)に日本から参戦しているサンウルブズが26日、20年シーズンの体制を発表。現時点で契約が済んでいるのは、ジョージア代表フッカーのジャバ・ブレグバゼ(32)ら15人。日本人選手では、早大のスクラムハーフ・斎藤直人(22)が唯一、メンバーに名を連ねた。

 会見した大久保直弥ヘッドコーチ(44)は「プレーオフに出たい。そのためにはホーム(8試合)で勝つこと。一戦必勝でいく」と、高い目標を掲げた。

 サンウルブズは、SRの統括組織であるサンザーから、日本での売り上げの少なさを理由に来季を最後に除外されることが決まっている。存続の条件として10億円の負担を要求されているが、SR生き残りは「ワンチーム」の人気がカギになりそうだ。

 日本代表の強化を目的に参戦しながら、過去4年間で、わずか8勝。SRのレベル向上を図りたいサンザーから「日本代表の強化は二の次。外国人選手でチームを編成してサンウルブズを強化しろ」と、再三にわたって要求されてきた。しかし、先のW杯で日本は初の8強入り。注目度の高さを目の当たりにしたサンザーは「来季は日本代表中心のメンバーを組め」と手のひらを返してきたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る