“高給取り”八村に先輩が助言「金で勘違いする選手もいる」

公開日: 更新日:

 日本人ルーキーが息を吹き返した。ワシントン・ウィザーズの八村塁(21)が20日(日本時間21日)、本拠地でのサンアントニオ・スパーズ戦に出場し、25分間プレー、15得点、7リバウンドをマーク。第3クオーターで上体をひねりながら放つ技ありのリバースショットを決めるなど、21得点を記録した14日のボストン・セルティックス戦以来、3試合ぶり、今季8度目の2ケタ得点で、4勝目に貢献した。

 前回の対戦で名将として知られる相手のグレッグ・ポポビッチ・ヘッドコーチ(70)から「(新人ながら)スキルが備わった素晴らしいアスリートだ」と絶賛された能力の高さを自ら証明した。

 ここまでは順調なスタートを切った八村に、母校ゴンザガ大の先輩で、元日本代表(現3人制代表候補)のアイラ・ブラウン(37=Bリーグ・大阪エヴェッサ)も合格点を与えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る