栄氏復帰も選手に不信感…女子レスに“伊調馨コーチ待望論”

公開日: 更新日:

 来年の東京五輪でメダル量産を期待される女子レスリングが相変わらず騒がしい。

 至学館大のコーチだった志土地翔大氏(32)が教え子で世界女王(2016、18年)の向田真優(22)と恋愛関係になり、同職を解任された。志土地氏は、向田以外にも多くの有力選手を育てた手腕を評価されていた。その志土地氏の退任が一部週刊誌で明らかになったのと同時に、五輪4連覇の伊調馨(35)へのパワハラで、同大学監督を解任された栄和人氏(59)の復帰が発表された。

 栄氏は監督復帰にあたり、辞任に追い込まれた日本協会強化委員への復帰をもくろんでいるようだが、協会内では反対意見が根強い。

 至学館大の教え子にしても、栄氏を慕っているのは、リオ五輪48キロ級(現50キロ級)金メダルの登坂絵莉(26)くらい。代表選手の多くが栄氏の指導を望んでいないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  8. 8

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る