清宮協会副会長は自信たっぷり ラグビー新プロL構想の勝算

公開日: 更新日:

 日本ラグビー協会の清宮克幸副会長(52)が昨19日、さいたま市内で行われたパネルディスカッションに、日本トップリーグ機構会長の川淵三郎氏らともに登壇。自身が進める2021年からの新プロリーグ創設について「(協会内で疑問視する声もあるが)粛々と進めていく」と話した。

 リーグの収入源について聞かれると、「ラグビーは世界中からトップ選手を呼べる。サッカーやバスケとは違う。世界を見据え、(収入は)放映権料を柱にして成功させる」と自信タップリ。強豪国のスター選手を新リーグに引き入れ、海外にも放映権を売っていくという算段だ。

 同副会長が言う通り、欧州はともかく、ニュージーランド(NZ)、豪州、南アらの南半球で行われているスーパーラグビー(SR)は、日本のトップリーグ(TL)とは、シーズンが被らないため、各国の代表選手を日本に招へいするのは可能だ。実際、これまでも現役のオールブラックス選手が日本でプレー。来季はNZナンバー8で主将のキーラン・リード(34=トヨタ)、豪州フランカー、デービッド・ポーコック(31=パナソニック)らが日本の企業チームと契約した。

 仏メディアによれば、ラグビープロリーグの放映権料最高額は仏トップ14の約140億円で、SRが約50億円。清宮副会長の目論見通り、有力選手を集めて各国のテレビマネーを確保できるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る