根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

公開日: 更新日:

 ラグビーW杯で3大会ぶり3度目の優勝を果たした南アフリカ代表のスプリングボクスが5日(日本時間6日)、ヨハネスブルクに凱旋した。シヤ・コリシ主将が優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」を掲げると、数千人のファンから大歓声を浴びた。

 人種入り乱れての歓迎にラッシー・エラスムス・ヘッドコーチ(HC)は「この空港で見たような光景が続いていくようにしなければならない」と、依然として根強く残る同国の人種差別撤廃を訴えた。

 今大会は南ア初の黒人主将で臨んで頂点に立った。日本はおろか世界中のメディアはこぞって「人種融合の成果」と持ち上げたが、きれいごとばかりではない。

 2018年6月のイングランドとのテストマッチでは、コリシを初めて主将に指名したエラスムスHCに非難が殺到。自宅や南ア協会に脅迫文が届いたり、嫌がらせ電話をされるのも珍しくはなかった。今大会中の会見でエラスムスHCは「正直、シヤ(コリシ)をキャプテンに選んで後悔した時もある」と、当時の苦しい心境を明かしたこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る