根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

公開日: 更新日:

 ラグビーW杯で3大会ぶり3度目の優勝を果たした南アフリカ代表のスプリングボクスが5日(日本時間6日)、ヨハネスブルクに凱旋した。シヤ・コリシ主将が優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」を掲げると、数千人のファンから大歓声を浴びた。

 人種入り乱れての歓迎にラッシー・エラスムス・ヘッドコーチ(HC)は「この空港で見たような光景が続いていくようにしなければならない」と、依然として根強く残る同国の人種差別撤廃を訴えた。

 今大会は南ア初の黒人主将で臨んで頂点に立った。日本はおろか世界中のメディアはこぞって「人種融合の成果」と持ち上げたが、きれいごとばかりではない。

 2018年6月のイングランドとのテストマッチでは、コリシを初めて主将に指名したエラスムスHCに非難が殺到。自宅や南ア協会に脅迫文が届いたり、嫌がらせ電話をされるのも珍しくはなかった。今大会中の会見でエラスムスHCは「正直、シヤ(コリシ)をキャプテンに選んで後悔した時もある」と、当時の苦しい心境を明かしたこともあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る