羽生結弦「SEIMEI」復活の裏に5歳下宿敵・チェンの覚醒

公開日: 更新日:

 フィギュアスケート四大陸選手権は7日、男子ショートプログラム(SP)を行い、平昌五輪金メダルの羽生結弦(25)が自己ベストを更新する世界最高の111・82点でトップに立った。

 今大会を前に、フリー(9日)のプログラムを平昌で演じた「SEIMEI」に戻した羽生。プログラム変更について本人は「自分が目指しているスケートは、ただ難しいことをするスケートじゃないと思った」と原点回帰を理由に挙げたが、それだけではない。

 精度の高い4回転ジャンプを披露し続けるライバルの存在も少なからず影響を及ぼしたともっぱらだ。

 平昌以降、宿敵のネイサン・チェン(20=米国)が台頭。昨年3月の世界選手権(埼玉)、同12月のGPファイナル(イタリア・トリノ)では、いずれも20点以上の大差をつけられて連覇を許した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

もっと見る