羽生結弦「SEIMEI」復活の裏に5歳下宿敵・チェンの覚醒

公開日: 更新日:

 フィギュアスケート四大陸選手権は7日、男子ショートプログラム(SP)を行い、平昌五輪金メダルの羽生結弦(25)が自己ベストを更新する世界最高の111・82点でトップに立った。

 今大会を前に、フリー(9日)のプログラムを平昌で演じた「SEIMEI」に戻した羽生。プログラム変更について本人は「自分が目指しているスケートは、ただ難しいことをするスケートじゃないと思った」と原点回帰を理由に挙げたが、それだけではない。

 精度の高い4回転ジャンプを披露し続けるライバルの存在も少なからず影響を及ぼしたともっぱらだ。

 平昌以降、宿敵のネイサン・チェン(20=米国)が台頭。昨年3月の世界選手権(埼玉)、同12月のGPファイナル(イタリア・トリノ)では、いずれも20点以上の大差をつけられて連覇を許した。

 羽生は昨年10月のGPシリーズ・カナダ大会で世界最高得点(322・59)を記録しながら、チェンはGPファイナルで335・30点をマーク。あっさりと塗り替えられた。若くして覚醒した感のあるチェンとの差は広がるばかりだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道