羽生結弦「SEIMEI」復活の裏に5歳下宿敵・チェンの覚醒

公開日: 更新日:

 フィギュアスケート四大陸選手権は7日、男子ショートプログラム(SP)を行い、平昌五輪金メダルの羽生結弦(25)が自己ベストを更新する世界最高の111・82点でトップに立った。

 今大会を前に、フリー(9日)のプログラムを平昌で演じた「SEIMEI」に戻した羽生。プログラム変更について本人は「自分が目指しているスケートは、ただ難しいことをするスケートじゃないと思った」と原点回帰を理由に挙げたが、それだけではない。

 精度の高い4回転ジャンプを披露し続けるライバルの存在も少なからず影響を及ぼしたともっぱらだ。

 平昌以降、宿敵のネイサン・チェン(20=米国)が台頭。昨年3月の世界選手権(埼玉)、同12月のGPファイナル(イタリア・トリノ)では、いずれも20点以上の大差をつけられて連覇を許した。

 羽生は昨年10月のGPシリーズ・カナダ大会で世界最高得点(322・59)を記録しながら、チェンはGPファイナルで335・30点をマーク。あっさりと塗り替えられた。若くして覚醒した感のあるチェンとの差は広がるばかりだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍