四大陸SP首位発進 紀平が見据える4回転サルコーと“その先”

公開日: 更新日:

 6日に韓国ソウルで開幕したフィギュアスケートの四大陸選手権の女子SPで、紀平梨花(17)が首位発進。トリプルアクセル、3回転ルッツを成功させ、2位に5点以上の差をつける81・18の高得点をマークした。

「アクセルもしっかり決められたし、(8日の)フリーは自己ベストを目指します」(紀平)

 フリーでは4回転サルコーに挑戦するかが注目される。本人は、「まだ構成は決まっていない」としたが、初めて4回転の封印を解いた昨年12月のGPファイナルでは、着氷に失敗して転倒。今大会でそのリベンジを果たせば、女子史上初となる四大陸選手権連覇も現実味を増す。4回転時代に突入している女子では、ロシア勢がGPファイナルの表彰台を独占。2位に入ったシェルバコワ、3位のトルソワはともに4回転を成功させた。特にトルソワは4種類5本の4回転ジャンプを跳ぶ。紀平は現時点で4回転サルコーの1種で、公式戦ではまだ成功がない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る