羽生3年ぶり優勝に黄信号 封印の4回転ルッツで大逆転狙う

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル(イタリア・トリノ)は5日(日本時間6日)、男子ショートプログラム(SP)を行い、3年ぶり5度目の優勝を狙う羽生結弦(24)が97・43点で2位。今季最高得点となる110・38点をマークした大会連覇中のネイサン・チェン(20=米国)に12・95点差をつけられて2位発進となった。

 最終の6番滑走でリンクに姿を見せた羽生。冒頭の4回転サルコー、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を立て続けに成功。序盤は安定した滑りを披露したが、4回転トーループの着氷に失敗して3回転トーループとの連続ジャンプを決められなかった。

 ライバルのチェンの後塵を拝した羽生は「本当に情けないと思っている」としながらも「フリーに向けて1分、1秒をどうやって過ごすか、しっかりやっていかないといけない」と、前を見据えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る