羽生3年ぶり優勝に黄信号 封印の4回転ルッツで大逆転狙う

公開日: 更新日:

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル(イタリア・トリノ)は5日(日本時間6日)、男子ショートプログラム(SP)を行い、3年ぶり5度目の優勝を狙う羽生結弦(24)が97・43点で2位。今季最高得点となる110・38点をマークした大会連覇中のネイサン・チェン(20=米国)に12・95点差をつけられて2位発進となった。

 最終の6番滑走でリンクに姿を見せた羽生。冒頭の4回転サルコー、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を立て続けに成功。序盤は安定した滑りを披露したが、4回転トーループの着氷に失敗して3回転トーループとの連続ジャンプを決められなかった。

 ライバルのチェンの後塵を拝した羽生は「本当に情けないと思っている」としながらも「フリーに向けて1分、1秒をどうやって過ごすか、しっかりやっていかないといけない」と、前を見据えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  5. 5

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る