巨人10戦白星なし OP戦最下位でシーズンもBクラス率100%

公開日: 更新日:

 巨人が勝てない。

 11日のソフトバンク戦も逆転で敗れ7連敗。これで球団ワーストとなるオープン戦10試合連続勝ち星なしとなった。

 2勝8敗3分けで単独最下位。たかがオープン戦だが、されどオープン戦。もしこのまま終わるようなら、巨人には不吉なデータがある。

 最近10年間をみると、オープン戦最下位で開幕を迎えたチームは、全て4位以下のBクラスに終わっている。

 さらに2010、11年の横浜、14年のヤクルト、16年の中日オリックス、18年の阪神は、シーズンでも最下位になっているのだ。

 巨人は08年に、オープン戦最下位からリーグ優勝を果たしているものの、それ以降は1チームもCS出場圏内の3位にも入っていない。


 球界では「オープン戦の成績、結果はアテにならない」といわれている。17年のロッテがオープン戦1位からシーズンでは最下位に沈んだように、開幕前はあんなに良かったのに……というケースはある。が、こと「最下位」に関しては、オープン戦とシーズンの成績は密接にリンクしている。要するに、オープン戦で弱ければ、シーズンでも勝てないのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  8. 8

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    体重60キロ説まで…日テレ水卜アナを襲う“リバウンド地獄”

もっと見る