巨人は8戦勝てず 12球団の調整遅れが“開幕延期”の背中押す

公開日: 更新日:

 また勝てなかった。

 巨人は8日の阪神戦(甲子園)で4―4の引き分けに終わり、これでオープン戦は2月23日の楽天戦以降、8試合連続で未勝利。いくら開幕前とはいえ、苦しい戦いを強いられている。

 巨人に限らず、各球団は調整遅れに頭を悩ませている。今季は東京五輪開催に伴い、公式戦の開幕が3月20日に前倒しされた。ただでさえオープン戦の試合数が少なくなったというのに、オープン戦が本格的に始まった2月29日以降、42試合中7試合が雨天中止に。西武ロッテに至っては5試合しか行われていない。

「巨人は12球団最多の11試合を消化しているからまだしも、各球団のオープン戦は残り5試合。3月10日は全国各地で雨予報、さらに試合が中止になる可能性もある。二軍の教育リーグに回そうにも、教育リーグも数試合が中止になっており、特に先発投手は投げる機会が減っている。首脳陣も、誰を開幕ローテ入りさせるかを見極める判断材料に乏しく、頭を悩ませている」(球界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る