巨人菅野「敵は我」にあり 来季メジャーへ“怪我ゼロ”優先

公開日: 更新日:

 今年はかなりやりそうだ、とセ球団のスコアラーが口を揃えている。

 6日のオリックス戦でオープン戦3度目の先発マウンドに上がった巨人菅野智之(30)。内容は悪かった。6回を投げて毎回走者を許す被安打9の1失点。四回にはドラフト5位新人の勝俣に148キロの直球を右翼スタンドにぶち込まれた。だが……。

「キャンプからずっと調子が良かった昨年は、5月に腰痛を発症して3度の登録抹消、勝ち星は11勝にとどまった(6敗、防御率3.89)。その反省からでしょう、今年はキャンプでも調整は抑え気味で、新投球フォームを固めるのに時間を費やした印象。照準はあくまでも20日の開幕で、故障なくシーズンを乗り切りさえすれば、という自信を感じさせる。今年は五輪もあるし、オフにはメジャー挑戦の噂もある。例年以上に気合が入らないわけがないですからね」(在阪球団スコアラー)

 そのメジャー挑戦に関しては、昨オフに山口俊が入札制度でブルージェイズに移籍して状況が一変した。これまでかたくなに同制度を認めてこなかった球団の変化は大きく、今村球団社長も本紙(日刊ゲンダイ)のインタビューで「ファンの気持ちを大切に柔軟に対応していこうと思っています」と理解を示している。同社長はその際、「最終的に選手に選択権があるようにしたい。菅野君もきっと自分の体調などを見ながら選択するんじゃないですか」と付け加えた。ケガなくシーズンをまっとうすれば、いよいよ道が開けるということだろう。

 昨年の腰痛を含め、ここ数年の菅野に故障が増え始めているのは確か。8年ぶりの日本一、東京五輪金メダル、そしてメジャーへ向け、「敵は我にあり」である。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず