巨人菅野「敵は我」にあり 来季メジャーへ“怪我ゼロ”優先

公開日: 更新日:

 今年はかなりやりそうだ、とセ球団のスコアラーが口を揃えている。

 6日のオリックス戦でオープン戦3度目の先発マウンドに上がった巨人菅野智之(30)。内容は悪かった。6回を投げて毎回走者を許す被安打9の1失点。四回にはドラフト5位新人の勝俣に148キロの直球を右翼スタンドにぶち込まれた。だが……。

「キャンプからずっと調子が良かった昨年は、5月に腰痛を発症して3度の登録抹消、勝ち星は11勝にとどまった(6敗、防御率3.89)。その反省からでしょう、今年はキャンプでも調整は抑え気味で、新投球フォームを固めるのに時間を費やした印象。照準はあくまでも20日の開幕で、故障なくシーズンを乗り切りさえすれば、という自信を感じさせる。今年は五輪もあるし、オフにはメジャー挑戦の噂もある。例年以上に気合が入らないわけがないですからね」(在阪球団スコアラー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る