巨人菅野「敵は我」にあり 来季メジャーへ“怪我ゼロ”優先

公開日: 更新日:

 今年はかなりやりそうだ、とセ球団のスコアラーが口を揃えている。

 6日のオリックス戦でオープン戦3度目の先発マウンドに上がった巨人菅野智之(30)。内容は悪かった。6回を投げて毎回走者を許す被安打9の1失点。四回にはドラフト5位新人の勝俣に148キロの直球を右翼スタンドにぶち込まれた。だが……。

「キャンプからずっと調子が良かった昨年は、5月に腰痛を発症して3度の登録抹消、勝ち星は11勝にとどまった(6敗、防御率3.89)。その反省からでしょう、今年はキャンプでも調整は抑え気味で、新投球フォームを固めるのに時間を費やした印象。照準はあくまでも20日の開幕で、故障なくシーズンを乗り切りさえすれば、という自信を感じさせる。今年は五輪もあるし、オフにはメジャー挑戦の噂もある。例年以上に気合が入らないわけがないですからね」(在阪球団スコアラー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  6. 6

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  7. 7

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    社長&女子アナW不倫疑惑から2週間 静岡放送混乱の一部始終

  10. 10

    黄金期の3倍稼ぐ石橋貴明 “ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

もっと見る