権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

メディアが取り上げる G菅野の投球フォーム改造は至極当然

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(30)が投球フォームの改造を施し、評論家諸氏がさまざまな解説をしている。

 確かに、見た目は変わった。フォームの始動時に両手を右肩の方向に引き上げてから、左足を上げていく。ひねりを加える動作を野茂英雄になぞらえ、「トルネード」と称する声もあるようだ。

 フォーム改造は、軸足となる右足に体重を乗せて、しっかりタメをつくるのが狙い。始動時にこれまでとは違った動きを取り入れているから、大幅なモデルチェンジをした印象になるが、本人にそんな意識はないだろう。キャンプ中に話をした時は、「セットポジションはどうする? いっそのことセットでも両腕を後ろに持っていったらどうだ?」と冷やかし半分に言ったら、笑って「いやいや、セットは今まで通りにやります」と言っていた。メディアは「トルネード」だ、「大胆なフォーム改造」だと騒ぐものの、菅野本人からすれば、そんな大げさなことではないのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る