内田順三
著者のコラム一覧
内田順三前巨人巡回打撃コーチ

1947年9月10日、静岡県生まれ。東海大一高から駒大。13年間の現役生活はヤクルト、日本ハム、広島で主に外野手としてプレー。計950試合出場で打率・252、25本塁打。82年に現役引退、翌83年に指導者に転身。広島、巨人で打撃コーチ、二軍監督などを歴任し、多くのタイトルホルダーを育てた。昨年限りで巡回打撃コーチだった巨人を退団。今季は社会人野球のJR東日本で外部コーチを務める。

長嶋監督は松井の背もたれを蹴り「巨人の4番道」を説いた

公開日: 更新日:

 長嶋茂雄監督による「4番1000日計画」の英才教育を受けた松井秀喜は、試合中のベンチでは常にホームベース寄りの最前列に座っていた。長嶋監督の真ん前である。

 松井が4番に座ってからも、チャンスで凡退し、ベンチで下を向いていると、長嶋監督は松井の背中越しにベンチをガーンと蹴り飛ばした。当然、松井はビックリする。長嶋監督は表情を変えず、前を向いたまま、こう諭した。

「4番なんだから弱さを見せるな。目を見開いて前を向いとけ」

 巨人ベンチは常にテレビカメラに狙われている。マスコミに「試合中に長嶋監督が松井に説教」などと騒がれないよう、グラウンドを見ているように前を向いたまま、「巨人の4番道」を教育していた。決して凡打に怒っているわけではない。立ち居振る舞いを注意していたのだ。


■連敗で怒っている演技をしながら…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る