戸郷が10失点で投壊…G原監督が開幕延期で放つ“次の一手”

公開日: 更新日:

 巨人戸郷翔征投手(19)が10日のソフトバンク戦に先発。4回途中9安打10失点とめった打ちにあった。

 初回に1番・牧原からいきなり5連打。4番・バレンティンには3ラン、続く松田にもソロを浴びた。四回には松田にこの日2発目となる3ランを被弾。四回2死で103球となり、9安打5四球10失点で降板となった。

 昨年の日本シリーズのソフトバンク戦で4失点し、敗戦投手となっていた。「真っすぐが通用するのか試したい。抑えたら自信になる」とリベンジを誓って臨んだが、3被弾はいずれも直球。バレンティンには149キロをバックスクリーンまで運ばれた。

 これまで順調に調整を進めてきた。首脳陣の高卒2年目右腕への期待は大きい。開幕ローテどころか、今や先発陣の中で菅野、サンチェスに次ぐ3番手の位置付けだった。戸郷は「今まで調子が良かった分、悪かったのが一気に出た」とうなだれた。自慢の直球が通用しなかったショックは尾を引きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  10. 10

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

もっと見る