戸郷が10失点で投壊…G原監督が開幕延期で放つ“次の一手”

公開日: 更新日:

 巨人戸郷翔征投手(19)が10日のソフトバンク戦に先発。4回途中9安打10失点とめった打ちにあった。

 初回に1番・牧原からいきなり5連打。4番・バレンティンには3ラン、続く松田にもソロを浴びた。四回には松田にこの日2発目となる3ランを被弾。四回2死で103球となり、9安打5四球10失点で降板となった。

 昨年の日本シリーズのソフトバンク戦で4失点し、敗戦投手となっていた。「真っすぐが通用するのか試したい。抑えたら自信になる」とリベンジを誓って臨んだが、3被弾はいずれも直球。バレンティンには149キロをバックスクリーンまで運ばれた。

 これまで順調に調整を進めてきた。首脳陣の高卒2年目右腕への期待は大きい。開幕ローテどころか、今や先発陣の中で菅野、サンチェスに次ぐ3番手の位置付けだった。戸郷は「今まで調子が良かった分、悪かったのが一気に出た」とうなだれた。自慢の直球が通用しなかったショックは尾を引きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る