阪神新人で開幕一軍 雑草右腕「一平ちゃん」の意外な評価

公開日: 更新日:

小川一平(阪神・投手1年目・23歳)

 名前と顔を覚えてもらうのは早いかもしれない。

 阪神は昨秋のドラフトで1位から5位まで甲子園を沸かせた有名高校生を獲得。育成(2人)を除けば6位の小川が唯一の大学生だったが、名前を知っている阪神ファンはほとんどいなかった。

 激戦区の神奈川では県立横須賀工業高で大した実績はなく、東海大学九州キャンパスに進学。2年時には主に抑えで11年ぶりの全日本大学選手権の出場に貢献。182センチの長身から投げ下ろす最速149キロの直球に鋭いカットボールや落差のあるチェンジアップがスカウトの目に留まった。

 在阪マスコミ関係者が言う。

「長身で腕も長く、子供の頃にやっていた柔道の影響なのか、体と関節が柔軟。やや2段モーションで、今は真っすぐが最速で154キロぐらいは出る。高校、大学は無名校で育ったので雑草魂があり、マウンド度胸もある。阪神選手はマスコミにちやほやされてつぶれるタイプも少なくないが、彼はそういうタイプではないですね。一平ちゃんといえば、カップ麺の焼きそばが有名ですが、球団は新人では唯一開幕一軍に残った小川を『一平ちゃん』として売り出そうとしている。最初は負け試合などでの起用になるでしょうが、首脳陣の期待が大きいだけに、そこで実績を積み上げればおもしろい。抑えの球児、八回スアレス、七回エドワーズに、岩崎や守屋という、いわゆる勝ちパターンの救援陣に入ってくるかもしれません」

 開幕カードで、いきなり奪三振ショーが見られるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  7. 7

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る