完全予想! 甲子園交流試合「勝つ高校」と「負ける高校」

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの影響で中止となった3月のセンバツに出場するはずだった32校を招く「2020年甲子園高校野球交流試合」の対戦相手が8日に決定した。履正社―星稜は昨夏の甲子園決勝の再現。甲子園では初となる大阪桐蔭―東海大相模の東西の横綱対決も注目だ。各校1試合ずつの16試合の勝敗を占った。

■第1日=8月10日

 第1試合は花咲徳栄が大分商に勝つ。大分商のエース川瀬はプロ注目だが、花咲徳栄は高校通算48本塁打の井上を中心に強力打線を誇る。総合力で上回る花咲徳栄が開幕戦を制す。第2試合は切れ目のない打線が武器の明徳義塾が投手力が高い鳥取城北を倒す。

■第2日=8月11日

 第1試合は昨秋の近畿王者・天理が秋山、秋田の好左腕2枚を擁する広島新庄を下す。第2試合は鉄壁の守備力を誇る創成館が21世紀枠の平田に勝つ。第3試合は明豊と県岐阜商の好カード。スポーツライターの美山和也氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る