頭部打球直撃の田中将大 ハンパない恐怖との闘いが始まる

公開日: 更新日:

 モチベーションにも影響を及ぼしそうだ。

 4日(日本時間5日)の練習中に頭部に打球を受けたヤンキース・田中将大(31)は6日、本拠地ヤンキースタジアムの室内でバイクをこぐなど軽く体を動かした。前日には「軽度の脳振とう」と診断されたが、ブーン監督は「(脳振とうによる)症状などは出なかった。ここまでの体の状態や反応は問題がなく、安心している。また、重要な一歩を踏めた」と話した。

 メジャーでは選手の健康を優先し、田中のように脳振とうを起こした選手は7日間の「脳振とうリスト」に入って経過観察が義務付けられる。視力、平衡感覚が正常と診断されなければ、戦列には復帰できない。

 仮に田中に異常が見られなくても、問題なのはメンタルだ。

 頭部に打球が直撃した投手は恐怖心から本来の投球ができなくなるケースが少なくないからだ。脳振とうを克服してマウンドに戻るのはまだましで、中には引退を考える投手もいるほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る