マエケンはゴールドグラブ賞逃すも…来季課題は英語力強化

公開日: 更新日:

 日本人初の快挙とはならなかった。

 米大リーグの守備のベストナインを決めるゴールドグラブ賞が3日(日本時間4日)に発表され、ア・リーグ投手部門はエンゼルスの右腕キャニングが受賞。ツインズ・前田健太(32)は落選し、日本人投手では初の栄誉を逃した。ナ・リーグ左翼手部門はカージナルス・オニールが選ばれ、レッズ・秋山翔吾(32)は涙を飲んだ。

 今季の前田は11試合に登板し、チームトップの6勝(1敗)をマークし、チームの地区連覇に貢献。サイ・ヤング賞のア・リーグ最終候補3人に残り、オールMLBチームにノミネートされた。

 3連覇がかかる来季はエースとしての働きに加えて、クラブハウスでのリーダー的役割も求められる。

 前田は現状、先発では最年長。来季でメジャー6年目とはいえ、広島時代から数えれば、プロとしてのキャリアは14年目を迎える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る