ロッテ澤村メジャー挑戦浮上「山口俊と似たタイプ」の根拠

公開日: 更新日:

 メジャーが海外FAを取得したロッテ澤村拓一(32)に注目しているという。

 以前は巨人の抑えとして活躍したものの、ここ2年はパッとしなかった。それがシーズン中、トレードでロッテに移籍するなり勝ちパターンの中継ぎに定着した。

■落差の大きいフォーク

 ストレートの球速は155~156キロ。145キロ以上の落差の大きいフォークも投げる。

 最近のメジャーはリリーフ投手を重要視している。ワールドシリーズを見れば一目瞭然。160キロ以上のスピードボールを投げる救援投手がゴロゴロいる。10億円以上の年俸を手にする中継ぎ投手も珍しくない。

 澤村の潜在能力の高さが評価されているのは事実だ。実際、3年ほど前まではネット裏で澤村の投球を見守る米国人スカウトの姿もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る