大坂なおみ「日清食品」契約解除でもビクともせず 逆に国内外企業の争奪戦に発展必至

公開日: 更新日:

 メンタルヘルスを理由に戦列を離れていた女子テニス元世界ランキング1位の大坂なおみ(24=現13位)が日本時間4日、連覇がかかる全豪オープン(17日開幕)前哨戦のメルボルン・サマー・セット1で復帰。第1シードに入り、1回戦で世界61位のアリーゼ・コルネ(31=フランス)と対戦する。

 大坂を巡っては昨年末の27日、2012年から所属した日清食品から契約を解除された。長らく、同社のロゴが入ったウエアを着用するなど、広告塔を務めてきたが、今月1日からはフリーとして活動している。

 大坂にとってはメインスポンサーの1社を失ったとはいえ、それほど痛手ではないだろう。昨年6月の米経済紙フォーブスの記事によれば、年間の総収入は6000万ドル(約69億円)。一昨年には3740万ドル(約43億円)で元世界女王のマリア・シャラポワを抜いて女性アスリート史上最高額を更新してもいる。大坂は20社以上とスポンサー契約を交わしており、広告収入だけで5500万ドル(約63億円)に上るという。

 今回、日清食品から離れたことで、国内外の企業が多様性の象徴的存在である大坂に関心を示すのは必至。

 今後はメインスポンサーの座を巡って国内外の企業による争奪戦に発展しそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

    プーチン大統領の最側近で軍参謀総長「行方不明」報道の不気味…粛清かケガ療養か

  2. 2
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  3. 3
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  4. 4
    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

    チケット大量カラ予約で注目…日本体操界が直面する内村航平と村上茉愛の大き過ぎる穴

  5. 5
    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

    ウッズの全米プロ“下見ラウンド”にツアー仲間から批判の声 クラブプロ帯同しコース情報入手

もっと見る

  1. 6
    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

    巨人4番・岡本和が21打席連続無安打…大不振に「2つの要因」元師匠・内田順三氏が指摘

  2. 7
    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

    綾瀬はるかと木村拓哉は惨敗か…ドラマに必要なのは「この先どうなるか」の期待感

  3. 8
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  4. 9
    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

    華原朋美「男を見る目」だけは涵養されず…離婚ほぼ一直線で歌手活動にまた支障

  5. 10
    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”

    山下智久「正直不動産」が絶好調! その裏に透ける不動産業界の“不正直事件”