大谷は得点圏でサッパリでも…ロバーツ監督「積極的すぎる」と苦言のお門違い

公開日: 更新日:

「好機で積極的になりすぎている。もともと彼は攻撃的な打者だが、我々が手綱を締めないといけない」

 ドジャース大谷翔平(29)にロバーツ監督が苦言を呈したのは、日本時間17日のナショナルズ戦後だった。

 3度の得点機にいずれも初球打ちで凡退。得点圏では20打席連続無安打で、同打率は.053に低下。さすがにロバーツ監督もクギを刺したくなったのだろう。

 かつて大谷と同様に、指揮官に早打ちを修正するよう指摘された選手がいる。大谷が師と仰ぐイチローだ。

 マリナーズ時代の2004年キャンプで、当時のメルビン監督は、初球は様子を見て、打者有利のカウントで勝負することを提案した。イチローは早打ち、悪球打ちで安打を量産した一方で、ボール球に手を出して凡退するケースも少なくなかった。イチローは指揮官の提案を受け入れたものの、持ち前の積極性が影を潜め、4月は打率.255と低迷。元のスタイルに戻した5月以降は安打を量産し、262安打を放ってメジャー史上最多安打記録を樹立した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!