ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

公開日: 更新日:

「ファイターズのユニホームをもう一回着たいっていう気持ちは絶対あります」

 ダルビッシュは今年3月、テレビのインタビューでこう言っている。

 日本ハム時代の女房役で対談相手の鶴岡慎也氏に「最後、日本でプレーしたいなって気持ちはある?」と聞かれて、「ありますよ」と即答。冒頭の言葉に続けて、「自分がここにいる理由のひとつ。北海道の皆さんもそう。その気持ちはもちろんあります」と復帰願望を口にしたのだ。

 カブス時代の20年にも北海道のテレビ局の取材に「日本ハム以外には戻らないと思う。戻れたらうれしい」と答えているのだが、パドレスとは昨年2月に28年までの長期契約を締結。契約満了時には42歳になっている。

「36歳での6年契約は“超異例だ”と米メディアの間でも話題になりましたが、長期契約は1年単位の年俸を抑えるための球団のぜいたく税回避策でもあり、実際に年俸は23年の28億円超から今季は18億円とダウンしている。パドレスも実質的には3年契約、4年契約のつもりでしょう。そのときのダルの状態次第とはいえ、40歳になる5年目以降はパドレスが契約破棄に応じる可能性もあるとみています」(現地特派員)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ