ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

公開日: 更新日:

 2004年のドラフト日本ハムから単独1位指名を受けた。

 東北高時代、甲子園でノーヒットノーランを達成するなど、未来のエース候補としての能力は疑いようがなかった。一方、スカウトの間で「練習嫌いで扱いにくい問題児」という「性格面」の評判も流れ、1位指名を回避した球団もあったが、その逆もあった。

 さる球界関係者がこう言う。

「04年は『自由獲得枠』という制度で、1、2巡目で2人の“逆指名”枠を使ったら、ドラフト本番での指名は4位から。巨人は1巡目で野間口(シダックス)、2巡目で三木(八戸大)の自由枠での獲得が決まっていた。これを放棄しないと1位クラスのダルは獲得できないが、当時の巨人のスカウトはダル側に『プロに行かない』と会見で表明させ、日本ハムなどを引かせた上で、4位で指名できるか模索していたといいます。父親のファルサさんが窓口だったダル側は首を縦に振らなかったと聞きますが……。1位でプロ入りできる可能性があるのに、4位指名というのは割に合わないということでしょう。巨人は長嶋監督時代の98年ドラフトでも、上原(大体大)、二岡(近大)を逆指名で取った上で、横浜高の『平成の怪物』松坂を3位で獲得しようと動いたというから、ダルもそれほどの逸材と評価されていたわけです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ