ロッテ佐々木朗希の直球が今季イマイチなのはスライダー多投の弊害か…“宝刀”フォークにも影響

公開日: 更新日:

「いい投手であるのは間違いないですが、去年と比べて、直球が思った以上に伸びてこない」

 ロッテ佐々木朗希(22)についてこう話すのは、ライバル球団の関係者だ。

 最速165キロを誇る直球は佐々木の大きな武器。24日のソフトバンク戦では162キロをマークしたが、冒頭の関係者は、

「昨年の直球の平均球速は約159キロでしたが、今季は155キロ程度。イニング数を稼ぐために、力をセーブしているようにも見えますが、空振り率は昨年の約12%から6%と半減。ストライク率も10%ほど落ちています。被打率も上がってますし、昨年は91イニングでわずか1被弾だったのに、今季はすでに2本打たれている。芯で捕らえられたり、ファウルでカットされるケースもある。少なくとも、直球の質は落ちていると見ています」

 さらにこの関係者は、「スライダーを多投している影響ではないか」とこう指摘する。

「朗希は今季、伝家の宝刀であるフォークの割合を減らし、タテに落ちるスライダーを多投しています。ただ、スライダーは諸刃の剣。どんなに器用な投手でも、スライダーを覚えると、指先の感覚に狂いが生じ、直球のキレや制球に影響が出るもの。実際、朗希は昨年、WBCの日本代表合宿でダルビッシュ(パドレス)にスライダーを伝授され、ブルペンで習得に励んだものの、ストレートやフォークがスライダー回転するなど、苦心していた。それから比べれば、今はかなり良くなってはいますが…」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」