日本競泳陣に激震 平井HC不在で大橋悠依らメダルに不安も

公開日:

 ジャカルタ・アジア大会でのメダルラッシュを目指す競泳日本代表に激震である。

 15日、選手、コーチ一行は開催地インドネシアに向けて出発したが、そこに平井伯昌ヘッドコーチ(HC)の姿はなかった。日本水連の発表によれば、急性虫垂炎のため、派遣を見送ったという。

 男子平泳ぎ五輪2大会連続金メダルの北島康介ら多くのメダリストを育てた競泳界の名将は、現代表ではリオ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(24)、17年世界選手権女子200メートル個人メドレー銀メダルの大橋悠依(22)らを指導。いずれも、東洋大の教え子で、今大会は金メダル取りが有力視されている。

 五輪、世界選手権で采配経験が豊富な平井HCの離脱は痛手だが、最も泳ぎに影響をしかねないのが大橋だ。

 12日に閉幕した国別対抗戦パンパシフィック水泳では、個人メドレー2冠(200メートル、400メートル)を達成。今大会も個人メドレー2種目で金メダル取りを狙う大橋の性格は神経質そのもの。特にレースが近づくと、順調に練習をこなしていても「体のバランスが悪い」「フォームがしっくりこない」などと、不安ばかりを口にしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る