• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本競泳陣に激震 平井HC不在で大橋悠依らメダルに不安も

 ジャカルタ・アジア大会でのメダルラッシュを目指す競泳日本代表に激震である。

 15日、選手、コーチ一行は開催地インドネシアに向けて出発したが、そこに平井伯昌ヘッドコーチ(HC)の姿はなかった。日本水連の発表によれば、急性虫垂炎のため、派遣を見送ったという。

 男子平泳ぎ五輪2大会連続金メダルの北島康介ら多くのメダリストを育てた競泳界の名将は、現代表ではリオ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(24)、17年世界選手権女子200メートル個人メドレー銀メダルの大橋悠依(22)らを指導。いずれも、東洋大の教え子で、今大会は金メダル取りが有力視されている。

 五輪、世界選手権で采配経験が豊富な平井HCの離脱は痛手だが、最も泳ぎに影響をしかねないのが大橋だ。

 12日に閉幕した国別対抗戦パンパシフィック水泳では、個人メドレー2冠(200メートル、400メートル)を達成。今大会も個人メドレー2種目で金メダル取りを狙う大橋の性格は神経質そのもの。特にレースが近づくと、順調に練習をこなしていても「体のバランスが悪い」「フォームがしっくりこない」などと、不安ばかりを口にしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る