日本競泳陣に激震 平井HC不在で大橋悠依らメダルに不安も

公開日: 更新日:

 ジャカルタ・アジア大会でのメダルラッシュを目指す競泳日本代表に激震である。

 15日、選手、コーチ一行は開催地インドネシアに向けて出発したが、そこに平井伯昌ヘッドコーチ(HC)の姿はなかった。日本水連の発表によれば、急性虫垂炎のため、派遣を見送ったという。

 男子平泳ぎ五輪2大会連続金メダルの北島康介ら多くのメダリストを育てた競泳界の名将は、現代表ではリオ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(24)、17年世界選手権女子200メートル個人メドレー銀メダルの大橋悠依(22)らを指導。いずれも、東洋大の教え子で、今大会は金メダル取りが有力視されている。

 五輪、世界選手権で采配経験が豊富な平井HCの離脱は痛手だが、最も泳ぎに影響をしかねないのが大橋だ。

 12日に閉幕した国別対抗戦パンパシフィック水泳では、個人メドレー2冠(200メートル、400メートル)を達成。今大会も個人メドレー2種目で金メダル取りを狙う大橋の性格は神経質そのもの。特にレースが近づくと、順調に練習をこなしていても「体のバランスが悪い」「フォームがしっくりこない」などと、不安ばかりを口にしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る