池江璃花子が日本新で2位 リオ“3冠女王”レデッキーに勝利

公開日: 更新日:

 女子のエースが絶対女王に競り勝った。

 9日に開幕した競泳の国別対抗戦パンパシフィック選手権(東京・辰巳)。女子200メートル自由形決勝で、池江璃花子(18)が1分54秒85の日本新記録で2位。

 3位(1分55秒15)に終わったリオ五輪自由形3冠(200メートル、400メートル、800メートル)のケイティ・レデッキー(21=米国)を抑えて、主要国際大会初のメダル獲得である。

 自由形の女王相手に終始、リードしてレースを終えた池江は「レデッキー選手に勝てたのは自信になりました」と笑顔を見せたが、2020年の東京五輪では、やはり「3冠王」が最大のライバルになりそうだ。

 米国の名門スタンフォード大に籍を置く現役女子大生でもあるレデッキーは、これまで中長距離を重点的に強化してきた。レース後の本人によれば東京五輪に向けて、池江がメダルを狙う100メートル以下の短距離にも力を入れるそうで「今日は世界の強豪選手と泳げていい経験になった。今後も努力を続けていきたい」と、2年後に迫った五輪での雪辱を口にした。今年3月にプロに転向したばかり。五輪や世界選手権でのメダル獲得で、スポンサー企業から多額のボーナスも用意されているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る