池江璃花子が日本新で2位 リオ“3冠女王”レデッキーに勝利

公開日: 更新日:

 女子のエースが絶対女王に競り勝った。

 9日に開幕した競泳の国別対抗戦パンパシフィック選手権(東京・辰巳)。女子200メートル自由形決勝で、池江璃花子(18)が1分54秒85の日本新記録で2位。

 3位(1分55秒15)に終わったリオ五輪自由形3冠(200メートル、400メートル、800メートル)のケイティ・レデッキー(21=米国)を抑えて、主要国際大会初のメダル獲得である。

 自由形の女王相手に終始、リードしてレースを終えた池江は「レデッキー選手に勝てたのは自信になりました」と笑顔を見せたが、2020年の東京五輪では、やはり「3冠王」が最大のライバルになりそうだ。

 米国の名門スタンフォード大に籍を置く現役女子大生でもあるレデッキーは、これまで中長距離を重点的に強化してきた。レース後の本人によれば東京五輪に向けて、池江がメダルを狙う100メートル以下の短距離にも力を入れるそうで「今日は世界の強豪選手と泳げていい経験になった。今後も努力を続けていきたい」と、2年後に迫った五輪での雪辱を口にした。今年3月にプロに転向したばかり。五輪や世界選手権でのメダル獲得で、スポンサー企業から多額のボーナスも用意されているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る