池江璃花子が日本新で2位 リオ“3冠女王”レデッキーに勝利

公開日:  更新日:

 女子のエースが絶対女王に競り勝った。

 9日に開幕した競泳の国別対抗戦パンパシフィック選手権(東京・辰巳)。女子200メートル自由形決勝で、池江璃花子(18)が1分54秒85の日本新記録で2位。

 3位(1分55秒15)に終わったリオ五輪自由形3冠(200メートル、400メートル、800メートル)のケイティ・レデッキー(21=米国)を抑えて、主要国際大会初のメダル獲得である。

 自由形の女王相手に終始、リードしてレースを終えた池江は「レデッキー選手に勝てたのは自信になりました」と笑顔を見せたが、2020年の東京五輪では、やはり「3冠王」が最大のライバルになりそうだ。

 米国の名門スタンフォード大に籍を置く現役女子大生でもあるレデッキーは、これまで中長距離を重点的に強化してきた。レース後の本人によれば東京五輪に向けて、池江がメダルを狙う100メートル以下の短距離にも力を入れるそうで「今日は世界の強豪選手と泳げていい経験になった。今後も努力を続けていきたい」と、2年後に迫った五輪での雪辱を口にした。今年3月にプロに転向したばかり。五輪や世界選手権でのメダル獲得で、スポンサー企業から多額のボーナスも用意されているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  7. 7

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  8. 8

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  9. 9

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  10. 10

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

もっと見る