日大進学どうなる? 池江璃花子に競泳大国の米国が熱視線

公開日:

 競泳女子のエースである池江璃花子(18)が15日、日本選手団とともに開催地であるジャカルタに向けて出発。今大会は自由形、バタフライで計5種目に出場する予定だ。今季、100メートルバタフライで世界最速の56秒08をマークするなど、計4種目で世界ランキングのトップ10入り(いずれもアジア勢1位)しているだけに、アジア大会でメダルを量産する可能性が大だ。

 12日に閉幕した国別対抗戦パンパシフィック水泳では、200メートル自由形で五輪2大会連続金メダルのケイティ・レデッキー(21=米国)に競り勝って2位に。国際大会で初めてメダルを手にし、各国のコーチから称賛を浴びた。中でも、五輪、世界選手権で多くのメダリストを輩出する競泳大国の米国の指導者から「うちのクラブ(大学)で練習して、東京五輪で金メダルを目指してほしい」とのオファーが舞い込んでいるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る