• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ネット依存から子どもを守る本」キム・ティップ・フランク著、上田勢子訳

■性的事件の危険もはらむ子どものネット依存

 インターネットは、私たちの生活になくてはならないものとなっている。しかし一方では、使い方の加減が分からず「ネット依存」という問題も起きている。

 とくに、心と体が未発達の子どもはネットの魅力に取り込まれる危険性が高い。キム・ティップ・フランク著、上田勢子訳「ネット依存から子どもを守る本」(大月書店 1500円)では、現代の子どもたちを取り巻くネット環境を明らかにしながら、ネット依存と、その予防法などを考察している。

 2013年に行われた厚生労働省研究班の調査によると、日本でネット依存の疑いが強い中高生は51万8000人に上るという。薬物依存に比べればネット依存などたいした問題ではないように思われるが、これは大きな間違い。どんどん使用頻度が増える、使用について嘘をつく、人間関係や学校に支障を来してもやめられない、使用を続けるため不当にでも金を手に入れようとする。このような兆候は、薬物でもネットでも同じように起こるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る