「ネット依存から子どもを守る本」キム・ティップ・フランク著、上田勢子訳

公開日:  更新日:

■性的事件の危険もはらむ子どものネット依存

 インターネットは、私たちの生活になくてはならないものとなっている。しかし一方では、使い方の加減が分からず「ネット依存」という問題も起きている。

 とくに、心と体が未発達の子どもはネットの魅力に取り込まれる危険性が高い。キム・ティップ・フランク著、上田勢子訳「ネット依存から子どもを守る本」(大月書店 1500円)では、現代の子どもたちを取り巻くネット環境を明らかにしながら、ネット依存と、その予防法などを考察している。

 2013年に行われた厚生労働省研究班の調査によると、日本でネット依存の疑いが強い中高生は51万8000人に上るという。薬物依存に比べればネット依存などたいした問題ではないように思われるが、これは大きな間違い。どんどん使用頻度が増える、使用について嘘をつく、人間関係や学校に支障を来してもやめられない、使用を続けるため不当にでも金を手に入れようとする。このような兆候は、薬物でもネットでも同じように起こるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る