「女系の総督」藤田宜永氏

公開日:  更新日:

■「意見を述べたらしばらく黙る。これが女性に囲まれて生きる男の処世術です」

 我輩は男である――。こんな一行から幕を開ける本書は、女系家族の父親を主人公にした著者初の家族小説である。

「この小説のヒントになったのはカミさん(小池真理子氏)なんです。カミさんは2人姉妹の長女なんですが、小池家に行くと母親と娘2人のおしゃべりがすごくて、そのうち『パパ、もう寝たら?』と追い出されるシーンを何度も見てきたんですね(笑い)。またカミさんと妹がケンカすると互いに僕に愚痴を言い、でも数日もすると仲良く電話してる。家族の女性同士の結びつきは摩訶不思議で、男はついていけません。そんな熱帯雨林のような女系一家の中で“総督”として生きる主人公・崇徳のありようを描きました」

 十数年前に妻を亡くした還暦目前の森川崇徳は、母、次女、三女夫婦と孫娘のほか、親戚、2匹の猫までもが女という構成。賑やかといえば聞こえはいいが、娘たちには言われ放題、聞きたくない赤裸々な会話など崇徳は女性群に圧倒されっぱなしだ。しかし崇徳はうまくやっている。心得があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る