「さらば、裁判員制度」西野喜一著

公開日: 更新日:

 裁判員制度を憲法違反と主張する著者が、その問題点を詳述し、制度の廃止を提言する解説書。

 裁判員制度は、司法制度を見直すために設置された司法制度改革審議会内の陪審派と反陪審派の妥協の結果だと、導入の背景を批判。導入に際し、審理が粗雑になることはないのかなど、事前に検討すべきことさえ議論されていなかったと指摘する。その上で、実際は制度の維持が前提となり、評議から判決まで、徹底的に手を抜かれ裁判が儀式化している実態を告発。さらに、裁判員として駆り出される国民側の負担や憲法との適合性まで、国民のニーズとかけはなれた制度をさまざまな視点から斬る。(ミネルヴァ書房 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  5. 5

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る

人気キーワード