「さらば、裁判員制度」西野喜一著

公開日:  更新日:

 裁判員制度を憲法違反と主張する著者が、その問題点を詳述し、制度の廃止を提言する解説書。

 裁判員制度は、司法制度を見直すために設置された司法制度改革審議会内の陪審派と反陪審派の妥協の結果だと、導入の背景を批判。導入に際し、審理が粗雑になることはないのかなど、事前に検討すべきことさえ議論されていなかったと指摘する。その上で、実際は制度の維持が前提となり、評議から判決まで、徹底的に手を抜かれ裁判が儀式化している実態を告発。さらに、裁判員として駆り出される国民側の負担や憲法との適合性まで、国民のニーズとかけはなれた制度をさまざまな視点から斬る。(ミネルヴァ書房 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る