• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「さらば、裁判員制度」西野喜一著

 裁判員制度を憲法違反と主張する著者が、その問題点を詳述し、制度の廃止を提言する解説書。

 裁判員制度は、司法制度を見直すために設置された司法制度改革審議会内の陪審派と反陪審派の妥協の結果だと、導入の背景を批判。導入に際し、審理が粗雑になることはないのかなど、事前に検討すべきことさえ議論されていなかったと指摘する。その上で、実際は制度の維持が前提となり、評議から判決まで、徹底的に手を抜かれ裁判が儀式化している実態を告発。さらに、裁判員として駆り出される国民側の負担や憲法との適合性まで、国民のニーズとかけはなれた制度をさまざまな視点から斬る。(ミネルヴァ書房 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

もっと見る