「さらば、裁判員制度」西野喜一著

公開日:  更新日:

 裁判員制度を憲法違反と主張する著者が、その問題点を詳述し、制度の廃止を提言する解説書。

 裁判員制度は、司法制度を見直すために設置された司法制度改革審議会内の陪審派と反陪審派の妥協の結果だと、導入の背景を批判。導入に際し、審理が粗雑になることはないのかなど、事前に検討すべきことさえ議論されていなかったと指摘する。その上で、実際は制度の維持が前提となり、評議から判決まで、徹底的に手を抜かれ裁判が儀式化している実態を告発。さらに、裁判員として駆り出される国民側の負担や憲法との適合性まで、国民のニーズとかけはなれた制度をさまざまな視点から斬る。(ミネルヴァ書房 2000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る