• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「断裂回廊」逢坂剛著

 公安調査庁の三春が内偵中の新興宗教団体クルパジャ教団が、スポーツジムに乱入するという事件を起こす。教祖の野々宮は、ジムから怪電波が流れてきたので排除に行ったと供述。捜査で、犯行前に教団メンバーが食べた弁当の味噌汁に薬物が混入されていた可能性が高いことが分かる。そんな中、パチンコ屋を営む兼松が教団に資金提供しているとの情報が入り、三春が調査を始める。しかし、尾行中に兼松が何者かに刺され、三春は彼から「クズワに渡してくれ」とUSBメモリーを預かる。犯人を追った三春が現場に戻ると、兼松の姿は忽然と消えていた。

 官僚たちの思惑が交錯する長編ミステリー。(徳間書店 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る