• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

正月に読みたい特選小説

 暦に恵まれ、昨年に続き、いつもよりも長い正月休み。読書家には、暖かい家にこもって物語の世界にどっぷりと浸れる至福の時となるに違いない。そこで、時間をかけて堪能したい大作から、旅のお供にもなってくれる佳作まで、正月休みに読みたい特選小説5冊を紹介する。

■「教団X」中村文則著
 楢崎は、自分のもとから突然去った涼子が、ある教団に出入りしていると知り、訪ねていき、教祖と思われる松尾への面会を求める。
 応対した峰野らによると、ここは宗教団体ではなく、松尾も教祖ではないが、月に1回彼の話を聞きに多くの人が集まっているという。
 涼子の写真を見せると、峰野らの顔が曇る。涼子は、資産家の松尾を架空の投資話でだまし、資産を奪った一味の一人だという。沢渡という男が率いる一味は名前がなく、公安から教団Xと呼ばれるカルト集団のメンバーらしい。松尾の屋敷を後にした楢崎は、接触してきた女に導かれ、教団Xの施設へと案内される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  4. 4

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  9. 9

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  10. 10

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

もっと見る