原発利権と地方の現実が題材 最新作「雪炎」の馳星周氏に聞く

公開日: 更新日:

 犯罪の暗部や裏社会を描くノワール小説の第一人者である馳星周氏。最新作となる「雪炎」(集英社 1800円)では、原子力発電所のある町と、原発利権が題材となっている。物語は3・11から約1年後、市長選を間近に控えた北海道の道南市という架空の町が舞台だが、そこに描かれる原発立地自治体の問題と住民たちの葛藤は、あまりにもリアルだ。

 主人公の和泉伸は、北海道警の元公安警察官。現在は、とうに倒産した実家の牧場に戻り、ひとり世捨て人のような暮らしをしている。地元の道南市は、廃れた漁業と農業以外ろくな食い扶持がない田舎町だった。しかし1985年、ここに鵡川原発が誘致され、今では原子炉が3基にも増えている。

「3.11の後『週刊プレイボーイ』で浜岡原発のある静岡県御前崎市のルポをする機会があり、そこでいろいろと興味深い真実に突き当たりました。私はノンフィクション作家ではないし、そこで知ったすべてをルポするのは難しいけれど、物語としてならば書くことができる。何より、原発を抱える自治体で何が起きているのかを知ってもらう必要があると考え、私の故郷の近くに架空の町を設定して、本作の執筆に至りました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る