• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ロッパ日記代わり手当り次第」古川緑波著

 戦前から戦後にかけて活躍した人気喜劇役者で文筆家でもあった著者が、生前につづったエッセーを編んだ作品集。

 惚れ込んでいる今井正監督の新作映画「夜の鼓」について辛口の感想を述べながらも、「きらいではない」と持ち上げ、最後には今井監督の作品に「無料でもいいから出たい」とラブコールを送る。またある日には、三遊亭小金馬の真打ち披露を見ようと出かけた東宝名人会で、林家三平の芸を「一番笑った」と激賞。もちろん小金馬の落語も、テレビで見るのとはかけ離れたうまさがあると語るなど、日々目にする映画・舞台・小説、そしてグルメまで「憎まれるのは百も承知のうえ」で手当たり次第に批評する。(河出書房新社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る