「きょうも猫日和」今江祥智著

公開日:

 昔々、お城に住む小さなお姫様は、まだ猫を見たことがなかった。ある日、初めてお城の外に出かけることになった。かごに乗せられ、着いたのはお寺だった。かごから降りたお姫様の足に布団の綿をちぎったようなものがまとわりついてきた。つかず離れずまとわりつくそれを捕まえて、着物のたもとに入れる。それはたもとの中で眠っていたが、食事の時間に騒ぎだしたので表に出すと、小坊主に「れろれろ」と呼ばれて連れられて行ってしまった。何としても手に入れたいお姫様は、殿様や母上様に「れろれろ」が欲しいとねだるが通じない。(「ねこふんじゃった」)

 猫たちの可愛さ、不思議さを描く11短編を収める。(角川春樹事務所 540円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る