• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「きょうも猫日和」今江祥智著

 昔々、お城に住む小さなお姫様は、まだ猫を見たことがなかった。ある日、初めてお城の外に出かけることになった。かごに乗せられ、着いたのはお寺だった。かごから降りたお姫様の足に布団の綿をちぎったようなものがまとわりついてきた。つかず離れずまとわりつくそれを捕まえて、着物のたもとに入れる。それはたもとの中で眠っていたが、食事の時間に騒ぎだしたので表に出すと、小坊主に「れろれろ」と呼ばれて連れられて行ってしまった。何としても手に入れたいお姫様は、殿様や母上様に「れろれろ」が欲しいとねだるが通じない。(「ねこふんじゃった」)

 猫たちの可愛さ、不思議さを描く11短編を収める。(角川春樹事務所 540円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る