「きょうも猫日和」今江祥智著

公開日:

 昔々、お城に住む小さなお姫様は、まだ猫を見たことがなかった。ある日、初めてお城の外に出かけることになった。かごに乗せられ、着いたのはお寺だった。かごから降りたお姫様の足に布団の綿をちぎったようなものがまとわりついてきた。つかず離れずまとわりつくそれを捕まえて、着物のたもとに入れる。それはたもとの中で眠っていたが、食事の時間に騒ぎだしたので表に出すと、小坊主に「れろれろ」と呼ばれて連れられて行ってしまった。何としても手に入れたいお姫様は、殿様や母上様に「れろれろ」が欲しいとねだるが通じない。(「ねこふんじゃった」)

 猫たちの可愛さ、不思議さを描く11短編を収める。(角川春樹事務所 540円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る